>>ポップアップブロック機能を解除する手順について   

 ポップアップブロック機能を解除する手順について

電子入札システム 、入札情報公開サービスでは、ポップアップ機能により画面表示を行っているため、 ポップアップ機能を制限するソフトを使用していると、画面が表示されない場合があります。

このページでは、
 ・Windows7のポップアップ機能を解除する方法
 ・その他の代表的なソフトウェアのポップアップブロック(広告ブロック)機能を無効にする方法
を紹介します。

(代表的なソフトウェアのポップアップ機能は許可するサイトへの登録では一部画面が表示されない場合がありますので無効とする手順を紹介します。)

 Windows7のポップアップブロック機能を解除する

@ Internet Explorer の[ツール]より[インターネット オプション]を選択する。



A インターネット オプション内[プライバシー]タブの下部[ポップアップ ブロック] の[設定(E)]を
  クリックする。




B [許可するWebサイトのアドレス(W)]にご利用になるシステムの登録URLを入力し、 [追加(A)]をクリックする。
(登録URL)−電子入札システム、入札情報公開サービス用
   https://ebid.kumamoto-idc.pref.kumamoto.jp/CALS/

(登録URL)−チュートリアル用
  http://ebid-portal.kumamoto-idc.pref.kumamoto.jp/




C[許可されたサイト(S)] に登録されたことを確認し、[閉じる]で画面を閉じます。




トップへ戻る
 Googleツールバーのポップアップブロック機能を無効にする
@Googleツールバーの[設定]の[オプション]を選択する。
Aツールバーオプションの[詳細タブ]−[ポップアップブロッカーを有効にする]のチェックを外す。




【以前のバージョンの場合】
@Googleツールバーの「オプション」メニューをクリックする。
Aツールバーオプションの「アクセサリ」−「ポップアップブロッカー」のチェックを外す。

   

トップへ戻る
 MSNツールバーのポップアップブロック機能を無効にする

@MSNツールバーの「ポップアップを禁止」メニューをクリックする。
A「ポップアップを許可」をクリックする。




トップへ戻る
 Yahooツールバーのポップアップブロック機能を無効にする
@Yahooツールバーの「ポップアップブロッカーを使う」をクリックしてチェックを外す。




トップへ戻る
 ノートンインターネットセキュリティのポップアップブロック機能を無効にする
詳細についてはソフトウェアのマニュアルをご参照ください。
@ノートンインターネットセキュリティー設定の,「広告ブロック」を「オフ」にする。
Aブラウザのキャッシュをクリアする。


トップへ戻る