>>電子入札システムが利用できなくなったときの手続き

 電子入札システムが利用できなくなったときの手続き

 システム障害等により電子入札システムが利用できない
システム障害等で、電子入札を利用できなくなった場合は、すぐに発注者(熊本県・熊本市・宇土市・南関町・山鹿市・益城町・天草市・上天草市・菊池市・八代市・山都町・和水町・甲佐町・宇城市・玉名市・氷川町・美里町・大津町)へ連絡してください。
電子入札から紙入札に移行することで、手続きを継続することができます。障害の原因によっては、入札そのものを延期することもあります。

 電子入札システムの利用手続き
1 電子入札システム紙入札移行承認願いの提出
  電子入札システムを既に利用している方が、手続きの最初又は途中から紙入札に移行するときは、別紙 「電子入札システム紙入札移行承認願」(工事・コンサルはこちら  物品・委託等はこちら) を提出してください。
※ 電子入札システム紙入札移行承認願は、参加している発注者(熊本県・熊本市・宇土市・南関町・山鹿市・益城町・天草市・上天草市・菊池市・八代市・山都町・和水町・甲佐町・宇城市・玉名市・氷川町・美里町・大津町)及び業務(工事・コンサル、物品・委託等)ごとに提出してください。
2 紙入札移行の承認
  次の理由があると認められる場合に限り、電子入札から紙入札へ移行することを承認します。
書類の提出がない場合、又は承認されなかった場合は、紙入札に移行できません。

@ システム障害により、電子入札の続行が不可能と認められる場合
A 登録してあるICカードが使用できなくなり、再取得の準備を行っている場合

 天災等によるシステム障害
システム障害等で、電子入札システムを利用できなくなった場合は、すぐに発注者(熊本県・熊本市・宇土市・南関町・山鹿市・益城町・天草市・上天草市・菊池市・八代市・山都町・和水町・甲佐町・宇城市・玉名市・氷川町・美里町・大津町)へ連絡してください。
電子入札から紙入札に移行することで、手続きを継続することができます。障害の原因によっては、入札そのものを延期することもあります。 発注者側の電子入札システムに障害が発生した場合も同様です。